FC2ブログ

縁側でラジオ体操

ほんの数日前迄は、暑い暑いと言っていたのが遠い出来事の様に思います。
今日の朝は涼しさを通り越して、さぶい。

その肌寒さに素直に身体が反応しても、不精な気持ちが横やりをいれ「面倒くさいからヤラナイ」の気持ちが寒さに勝てず、縁側でラジオ体操。

仕事がお休みの時は、自然と身体が軽やかになるのはどうしてでしょうね。
滅多にしないラジオ体操を「オ、イチ、ニ、サン、ニャ~ン」身体をほぐして背伸びする。一息ついて庭先を見れば、我が家のねこさんの足跡がクッキリ残っています。雨が降って土が柔らかくなった上を歩いたのでしょう。庭先の土手まで続いています。雨がやんで外出したらしい猫さん。雨がやむのを待っていたのでしょう。我が家よりお外の方がいいのかな。

あたいと顔を合わせないようにしているみたいです。食事はいつもの処に用意しているので心配ないのですが。

猫の足跡を見つめながら笑顔がこぼれます。( ̄― ̄)ニヤリッ 

まあ、それはさておき。
このパターンが幸せなのか?
朝起きる。
仕事に行く。
帰って来る。
寝る。
4行で済まされる、あたいの一日。
それを細かく(おおざっぱに)色分けしたら。朝日が出れば眩しい陽射しに起こされます。目覚まし時計の代わりと言っては語弊がありますが。寝床の位置が縁側沿いにある為、朝日が諸に差し込んできます。

寝ている場所に容赦なく照りつけてきます。眩い光が神経を活性化させて、仕方なく起き出す羽目になる。曇りの日は、それがないので遅刻をする場合が多いのがたまにキズ。(⌒-⌒)

まあ、不精な私です。

朝は食事を抜いて仕事に行く。我が家の猫が側にいれば、挨拶をして出掛けます。留守の場合は、それなりにあいつの事が心配になりますが。
「まあ、あいつは私より丈夫だから」なんて、思ったりして自分を納得させて出掛けます。

仕事は、その日の打ち合わせがあって、施工するスタッフの人達と一緒に自分なりの力量で仕事を熟してゆく。

お昼になれば、現場近くの食事処で気に入ったメニューを選んで食します。

一日の労働する時間はマチマチで。早く終る日もあれば、残業する日もある。仕事の進み具合で時間も変化します。(時々は、途中で仕事をほっぽりだして脱走します。関係者、諸々、仕事仲間は、いつもの事と了解済み)

帰宅の際は近くの居酒屋に立ち寄り、おもに生ビールを呑んでその付け足しに好きな肴を見繕って注文する。
お休み以外は、ほぼ毎日そこに立ち寄ります。

帰宅して。

まず、我が家の猫が帰っているか確認をするのが癖になっている。
暑い日はほとんど私が帰って来てから、あいつも戻って来るパターンが多いです。

暑い日は家の中が蒸されていて、私でさえ居たくありません。たまに私より先に帰っている時は。私が玄関のドアを開ける際に鍵を開ける音で、あいつの鳴き声が聞こえてきます。
「ニャ~ン」
この声が私の癒しです。
ドアを開け、あいつと挨拶をする。
「お、帰っていたか」
「ニャ~ン」
「まあ、待ってなさい」
お腹空いているのが分かります、その鳴き声で。長い付き合いですものね。
我が家の猫に食事を与えて、シャワーを浴びる。
シャワーを浴びた後は、ゴロンと横になって憩います。
このパターンが、その日の落ち着きをもたらします。
ほぼ毎日が代わり映えのしない生活です。
そして、寝酒の泡盛を呑んで。(^◇^)
おやすみなさい。

付け足しです。
「ゴロン」寝たと思ったら(熟睡率100パーセント)。
もう、朝が来ています。
夜は!
「あたいの夜は、何処!」

まあ、こんな感じで生きています。
縁側でラジオ体操を終えて、仕事がお休みの時は朝から酒を嗜む。
生きる糧です。栄養満点のドリンクです。
今日はねこさん抜きで骨休め。
今日もねこさんと会話がありません。
いいのです、あたい一人で生きて行きます。
「あいつなんか」


スポンサーサイト



Comment (-)